HOME > 社員インタビュー > 小村紘平

社員インタビューinterview

小村紘平

営業部開発課

小村紘平Kohei Omura

家族や友人から「新商品美味しかったよ」と
言う声を貰うのが一番の喜びです。

新商品の開発、既存商品の改良を行うのが開発課の仕事です。新商品開発では、シーズニングと呼ばれる味付けを、数多くの中から決めていきます。多いときは一つの商品で、シーズニングの候補が50種類あることも。その中から「これだ!」と思える味に出会えた時は本当に嬉しいです。いつも、家族や友人にも食べて喜んでほしいと思って作っています。

動画で仕事の流れを見る

一日の流れ

7:50 朝礼・環境整備 経営計画書をもとに、会社の決まりなどを読み上げます。
9:00 サンプル作製 お客様からの依頼を基にして、コンセプト・ターゲットを考えて
商品サンプルを作製します。
10:00 製造立会い 工場での新商品の試作に立ち会います。製造現場の社員からも、
どのようにして作れば良い商品に出来上がるか、アドバイスを貰います。
11:00 試食 開発中のシーズニングの検討。味の改良ポイントを考えます。
いつも2~3種類同時進行して商品開発をしています。
12:00 昼食 同じ部署の先輩といつもご飯を食べています。
13:00 仕様書作成 製造に必要な仕様書(手順・材料をまとめた書類)を作成します。
また、お客様への新商品の案内書類を作成します。
15:00 試作 主原材料となる小麦粉などの見直しも行います。
実際に自分で揚げてみたり、味付けしてみたりを繰り返します。
17:00 翌日の予定を作成 優先順位を考えて、翌日の作業内容を決定します。
一番上に戻る