HOME > 社員インタビュー > 福井聡子

社員インタビューinterview

福井聡子

製造部

福井聡子Satoko Fukui

仕事が責任重大であり、任されるからこそ、緊張感はありますが、やりがいが大きい。

私の役割は、商品で使うパッケージを準備し、貼り付けるラベルを発行することです。 内容を正確に表示させ、小さなミスも起きないようにしないと、後工程に大きな問題を発生させてしまうので、責任は重大です。 いま、新しいラベル機の導入と稼働を任されています。自分の意見に耳を傾けてくれたり、次々と出てくる課題に対して、みんなが勧んで協力してくれたりするので、仕事はとてもしやすい環境だと思っています。

動画で仕事の流れを見る

一日の流れ

8:00 記録・ラベル内容確認 朝礼で当日の製造予定を確認します。その後、自分の持ち場にて作業開始。
製品には一括表示が義務付けられているので、必要な一括表示ラベルを発行し、生産指示書の内容と相違ないかをひとつひとつ確認します。
9:00 袋の準備 翌日製造で使用する袋を必要枚数分準備します。一括表示のラベルを貼りつけたり、袋の枚数を数えたりと、袋の準備にはスピードと正確さ、丁寧さが必要とされます。
11:30 業者様の対応 数種の袋については、追加印刷を外注しています。業者様が納品に来られると、次回納品分について打ち合わせをし、袋の在庫を切らさないよう管理するのも仕事の内です。
12:45 昼礼・環境整備 午後の最初は昼礼から始まります。午前からの申し送りや、経営計画書(社内規定)を読み上げてグループメンバーと内容確認します。その後、環境整備(清掃)で担当エリアをピカピカにします!これで午後からもスッキリとした気持ちで作業できます。
13:00 ラベル内容確認 正式な生産指示書に基づいて一括表示ラベルとケース用ラベルを追加発行し、印字内容に間違いがないか、内容を確認します。とにかく集中力と根気のいる作業です。
14:00 袋の準備 午前と同じく、追加で必要となった袋を準備します。ライン別に準備できたものから、袋の受け渡し場所に移動させたたら完了!早く終われば翌々日の袋の準備に取り掛かることも。ここでは時間配分が重要です。
16:00 記録内容の確認 一日で発行したラベル、準備した袋の内容、袋の印字など、様々な記録を全て保管します。その際に、記入漏れや間違いがないかを最終確認します。責任重大です。
17:00 道具片付け・終業 確認作業が完了すると、使用した道具を片付け、清掃。その後、翌日の予定から先行製造などがないか、上司と簡単に打ち合わせをします。
一番上に戻る